南区年末年始特別警戒活動出発式

2021.11.30
今日は、南区年末年始特別警戒活動出発式が防犯活動に携わる地域や企業の皆様のご参加のもと開催されました。
そして、今日の出発式の特別ゲストとして、一日警察署長に就任された日本女子ソフトボール金メダリスト 上野由岐子選手も駆け付けてくれました。上野選手は福岡市南区出身で柏原小、中学校でソフトボールをされていたということもあり、一日警察署長の話を快く受けて頂いたそうです。本来は上野選手と一緒に出発会場から大橋駅まで、パレードをする予定でしたが雨天のため中止となりました。
その代わりに急遽、上野選手のトークショーが企画されたのです。会場には上野選手の後輩にあたる柏原中ソフトボール部員も駆け付けており、後輩からはどうしたらコントロールが良くなるかと質問が出されさました。
上野選手は、たくさん練習するしかないと答えた上で、一球一球丁寧に投げること、とアドバイスしていました。
トークショーの最後は、ご参加の方々の日頃の防犯活動に謝意を述べられ、今後もソフトボールの普及、発展に尽力したいと挨拶されました。
本日、上野選手のいろんな話を聞かせていただいたことは貴重な経験でした。上野選手の今後益々のご活躍を期待します!
最後に、日頃から南区の治安の維持のためご努力いただいている、南警察署をはじめ、地域、企業、団体の皆様に心から感謝申し上げます。

活動報告の関連記事
  • 党改革実行本部(茂木敏充本部長)主催の党改革Webキャラバン
  • 明けましておめでとうございます。
  • 福岡日豪協会主催のクリスマスパーティー
  • 南区年末年始特別警戒活動出発式
  • 曰佐小学校の創立120周年記念式典