2022.3.22
去る日曜日、私が相談役を務める「ハープ愛好家を広げる会」が20周年を迎え、記念晩餐会がグランドハイアット福岡で開催されました。
ハープの会の代表の見上先生は、とてもアクティブで情熱的な方です。私はハープの会の設立初期からの会員で 、ハープの普及に対する見上先生の熱意に引っ張られて今日を向かえています。
ハープの会は5年毎にチャリティーイベントを開催してきました。
これまでに九州北部豪雨の被災地への義援金贈呈など、ハープの普及と共に社会貢献活動にも力を入れてきました。20周年の今回は、今ロシアの侵攻で大変な状況にあるウクライナを支援させていただくことになりました。福岡県がウクライナへの募金を県民に呼び掛けていることもあり、私が義援金をお預かりし、県に届けることになりました。
記念晩餐会は、ハープの演奏はもちろん、ピアノやバレー、そしてチェロの演奏など、盛り沢山の内容で、ご来場の皆様には喜んでいただけたと思います。
ハープの会は20周年を節目として解散することとなりました。見上先生にはこれまで我々会員を引っ張って頂き感謝の気持ちしかありません。
今後は幅広く音楽活動を継続されると伺っていますので、ご活躍を期待し、私も応援させていただきます。
これまで、ハープ愛好家を広げる会を応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました。
ハープの音色は最高です!

活動報告の関連記事