ブラジル視察

昨日からブラジルに来ています。
福岡県からブラジルに移民として行かれた方々の110周年の式典に参加するためです。
昨日はクイチーバという町に行きました。
農業機器でブラジルで一番大きな会社を視察しましたが、その会社の経営者は日系人でした。その方は中桐さんといい、福岡県古賀市から移住されたそうです。
移住当初は農業に従事されたそうですが、その後、農業機器の販売を手掛けられ、その分野ではブラジル一の企業に育て上げられました。
会社の倉庫を見せていただきましたが、整然と積み上げられた商品の山は圧巻でした。
また、社員の皆さんはとてもフレンドリーで、家族的な経営をされてあることが感じ取れました。
ブラジルの地に移住され今日に至るまでには、ご苦労が多かったことと思いますが、異国で経営者として大成功を収められたことを福岡県民の一人とした心から嬉しく思いました。
中桐様をはじめ、移住福岡県人会の皆様の今後のご活躍とご多幸をお祈り申し上げます。

活動報告の関連記事
  • 警察常任委員会 視察
  • ブラジル視察最終日
  • ブラジル視察5日目
  • ブラジル視察4日目
  • 議会通信が出来ました!!