スポーツ議員連盟講演会

2020.3.5
本日はスポーツ議員連盟講演会が行われました。
講師に松下 浩二氏をお迎えし貴重なお話を拝聴致しました。
松下氏は、オリンピック4大会出場し、世界選手権出場12回という経歴を持たれ
現在は公益社団法人日本卓球協会理事、また一般社団法人Tリーグ チェアマンに就任されております。
過去、日本卓球はプロリーグがなくジュニア世代の育成や技術の向上、環境設備等、困難な状況であり
中国やヨーロッパのプロリーグに入団する傾向にありました。
このままでは日本は強くならない!と更なる発展の為、プロリーグを発足されました。
まずは選手として報酬を得ることができ、プロとして各大会に出場できるよう
Tリーグの立ち上げには大変なご苦労とご努力があったことが感じられました。
まだ道半ばであるとお聞きし、松下氏の強い信念、そしてアスリート育成の重要性を感じることが出来ました。
県としても今後のスポーツ界の発展において力を入れていきたいと思います。
今後の卓球界のご発展また、オリンピックでのご活躍を祈念致します。

活動報告の関連記事
  • 福岡県高等学校総合体育大会
  • 自民党福岡県連 総務会
  • 東京2020オリンピック聖火リレー
  • 自民党本部での意見交換会
  • 自民党福岡県連学生部 定例会
  • 県議会通信Vo.9