党改革実行本部(茂木敏充本部長)主催の党改革Webキャラバン

2022.1.26
昨日、党改革実行本部(茂木敏充本部長)主催の党改革Webキャラバンと題した意見交換会が開催されました。
岸田総裁は党改革を最重要課題と位置付けており、茂木幹事長の下で党本部と都道府県連が一緒になり大胆な党改革に取り組まれる考えです。
全国の自民党県連が参加したWebキャラバンは昨日が最終日で、九州ブロックの7県連が参加しました。「大胆なガバナンス改革」、「党運営のDXの活用」、「党本部と地方組織の連携強化」の3テーマで意見交換が行われました。
福岡県連からは、「国会議員と県連の連携について、特に県内地方選挙での県連推薦候補支援の遵守について」問題提起しました。
茂木幹事長からは地方選挙での県連推薦候補支援について、国会議員に徹底できるよう取り組んでいただけるとのご回答を頂きました。地方選挙での勝利は党基盤の強化に直結します。国会議員と地方議員がバラバラでは勝てる選挙も勝てないのです。
国民に寄り添った、国民目線の政党でいられるよう、党改革に取り組まれる岸田総裁には頑張って頂きたいと思います。
福岡県連も総裁の思いに答えるべく頑張らないといけません!
余談ですが、写真に写ってる書は、緒方竹虎先生の直筆です。県連の会長室に飾ってあります‼️

活動報告の関連記事