東京2020オリンピック聖火リレー

2021.5.11
本日、福岡県で聖火リレーが行われました。本来は各地域の公道を走る予定でしたが新型コロナの感染拡大により急遽、平和台陸上競技場内での開催となりました。聖火ランナーの皆さんには平和台にお集まりいただき、トーチキスによる聖火リレーを行っていただきました。地元の街を聖火を片手に走れなかったことを大変残念に思いますが、ランナーの皆さんは本日の役割を笑顔でしっかりと果たされていました。最終ランナーはモントリオールオリンピック柔道金メダリストの二宮和弘さんが務められ聖火台に火を灯されました。急な計画変更となりましたが滞りなく終了したことは、聖火ランナーの皆さんをはじめ大会関係者のご努力の賜物と心からの感謝申し上げます。

活動報告の関連記事
  • 東京2020オリンピック柔道女子78㌔超級 金メダル 素根輝選手 
  • 那珂川水上バス
  • 【自民党豪雨災害対策本部】豪雨被害状況の説明 
  • 北九州市「暴力追放・安全安心まちづくり」市民大会