2022.7.26
本日、県議会に国連ハビタット事務局長マイムナー・モハメド・シャリフ氏とブルーノ・デルコン福岡本部本部長代理が議長表敬されました。
以前、このブログで申し上げましたが、福岡には国連の機関が東京以外で国内で
唯一設置されており、国連ハビタット福岡本部は今年で25周年を迎えました。シャリフ事務局長は25周年の記念行事に参加するためハビタット本部があるナイロビからご来福されました。
シャリフ事務局長はマレーシア人で、2017年にハビタットの事務局長に就任されましたが、以前はマレーシアのペナン市の市長を務められたそうです。その時に「綺麗で、緑豊かで、安全で、健全なまちづくり」を目標としてまちづくりに取り組まれたということでした。まさに国連ハビタットが世界で取り組んでいることを、故郷で実践しておられたのです。
表敬の最後に、シャリフ事務局長から、是非ハビタット本部があるナイロビにお越しくださいとお誘いがありました。機会があれば行ってみたいものです。
シャリフ事務局長のご来福が充実したものとなりますよう祈念致します。

活動報告の関連記事
  • 警察常任委員会 視察
  • ブラジル視察最終日
  • ブラジル視察5日目
  • ブラジル視察4日目
  • 議会通信が出来ました!!