先日、福岡県議会で、「ロシア軍のウクライナ侵攻に強く抗議し、恒久平和を求める決議」を全会一致で可決致しました。
その事に感謝の意を表しに、福岡県在住のウクライナの方々8名が県議会を訪問されました。
皆様からは、ウクライナを支援して頂いていることへの謝意と、ウクライナの現状、そして皆様のご家族の状況などについて話を伺いました。
「ウクライナにいる家族に会いたい」、「戦争が早く終わってほしい」。そんな話をお伺いし、本当に胸が塞がる思いが致しました。
具体的な要望としては、ウクライナからの避難民への住宅の確保や就職の斡旋についての話を伺いました。
福岡県議会議長からウクライナの皆様に、福岡県として、でき得る限りのご支援とご協力をさせてていただくことをお約束致しました。
ウクライナに対し私ができることは本当に微々たるもので、自分の無力さを思い知らされます。
本日お越しの皆様に平和への思いを込めて折鶴をお渡ししました。
また、私の事務所にはウクライナ色の青色と黄色の花を飾りました。
一人ができることは小さなことですが、その小さな行動が大きなうねりとなって戦争を終わらせると私は信じます。ウクライナの人々のために、平和のために、皆でできることをはじめましょう。

活動報告の関連記事